髪の痛みを取る方法 紹介ガイド
髪の痛みを取る方法 紹介ガイド >  髪が傷む原因について

髪が傷む原因とは?

髪の毛が傷む理由は様々ありますが、共通しているのは「ダメージ」を与えてしまっているということです。
一般的な理由として考えられるものは、水泳、ヘアワックスの使いすぎ、カラーリング、パーマ、エクステ、白髪染め、ヘアアイロン、縮毛矯正などです。
これらは髪の毛に深刻なダメージを与え、ちぎれやすくしたり、ぱさつきやすくします。

水泳では塩素の影響、縮毛矯正・カラー・パーマ・白髪染めなどは強すぎる薬剤の影響、ヘアワックスは皮脂や頭皮の影響、ヘアアイロンは熱の影響が、それぞれ髪のダメージへと繋がります。
これらはなるべく控えたほうがよいとされています。

もしもこれらをする場合は髪の毛の補修を徹底させることでダメージを抑えることができます。
髪の毛の補修を怠れば、いずれ抜け毛が増え、薄毛や脱毛症の原因となるので注意が必要です。

髪の毛の傷みを軽減させる方法

簡単なケア方法はご家庭で行うことができます。

まず頭皮に優しい低刺激の育毛シャンプーを使うこと、そして育毛剤によるケアも大切です。
この場合は、数ある育毛剤の中でも栄養を与えるタイプのものや、血管を拡張させる作用があるタイプのものを選ぶとよいでしょう。

次に、トリートメントによる補修が大切です。
具体例で言えば、入浴中にホットタオルなどを活用する方法です。
この方法はトリートメントの成分の浸透率が高まるので非常に効果的です。

こうしたケアを継続しておこなうことで、傷めてしまった髪の毛も守ることが出来ます。
日頃のケアをしっかりしておくことで、髪は綺麗に保つことが可能です。